HoneyComing みおみお√


 義理の妹みおみお。おにいちゃんLOVEというのが序盤から読み取れるますね。ですが、光一郎はあくまでも妹としてみているわけであります。定番ですね。で、恋愛授業やったりなんやかんやしているうちに、みおの気持ちに気づき始める主人公。みおが自分のことを兄としてみてるのか、一人の男として見てるのか悩む主人公。このあたりの心理描写がきちんと描かれてていいですね。
 そして、みおが自分を兄ではなくて一人の男として扱っていたことに光一郎は気づきます。しかーし、お次は自分の気持ちが分からない光一郎。そうこうしているうちに、みおは自分の気持ちにけりをつけて主人公の前からいなくなります。この展開は急すぎてどうなの?と思いますね。自分の前からみおがいなくなって、初めてみおが好きだと気づく主人公。占い師の伏線を回収し、思い出の公園へ。そこには仮面を被ったみおがいて。。。
告白シーンへ。
 実は、二人は兄妹になる前に一度出会っており、そのときにみおは光一郎のことが好きになりました。しかし、その初恋相手は母の再婚により兄に。そのときから、光一郎が好きな女の子という素顔を隠して光一郎の妹という仮面を被ることに。
 ところがどっこい、恋愛授業をとおしていくうちに好きという気持が抑えきれなくなった彼女は光一郎に自分の素顔をさらけ出すわけでありますよ!!
 兄妹になる前から好きという事実が明かされることにより、みおが演劇をやる理由などの伏線が回収されこの√はうまいと思いましたね。これは初恋が妹になるじゃなくて兄になるだな。
 ラストは演劇。なんやかんやあって、舞台の主役に光一郎とともに抜擢。頑張り過ぎた光一郎は当日に体調を崩してしまうがなんとかやり遂げるというよくある内容。体調管理できないバカの自業自得じゃないすか。。。そのあとながーーーいイチャラブがあって終了。全√に共通していえるんだけどめりとはりがないし冗長。告白しーんがよかったくらい。

おまけシナリオは苺ちゃん
 


主人公の担任であり恋愛授業の担当でもある苺ちゃん。恋愛したことないのに恋愛授業を教えるとかいうあれ。(いや、司もあれだけど)ギャップ萌えを体現したようなキャラ。
FDではメインヒロインに昇格するほどの人気。



 この話は主人公と結ばれるというよりかは







ラストのこのセリフはぐっときましたね。ハニカミの中でこの話が一番完成度高いんじゃないすか?




これで光一郎待ってたんか。。。。